BLOGブログ

ARCHIVEアーカイブ

過去のブログはこちら

2020/11/26

vs天理大学

11月29日(日)、2020ムロオ関西大学ラグビーAリーグ順位決定戦 決勝となる天理大学戦が宝ヶ池球技場にて行われました。

 

 

最初に試合が動いたのは前半10分、同志社のペナルティーからゴール前ラインアウト。トライを許してしまい0-5となります。

 

続く15分には、相手の展開を止められずまたもトライを許します。0-12となります。

 

天理ボールラインアウトを5南光(3)が奪うと、9人羅(4)、7梁本(2)、10田村(3)、15桑山(4)、13稲吉(3)、14山口楓(3)、11和田(3)と右へ展開していき、大きくゲイン。

 

 

敵陣に攻め入り、アタックを継続するもペナルティーを取られてしまいます。

 

 

 

前半29分、天理ボールラインアウトを奪うも、ターンオーバー。同志社のペナルティーが重なりゴール前へ攻め入られます。

ゴール前ラインアウトよりモールを形成され、被トライ。 0-19となります。

 

1トライを返したい同志社ですが、14山口楓(3)が大きくゲインし、キックパスを出すも通らずトライとはなりません。

 

 

前半40分には、天理大学ペナルティーからアタックを継続しゴール前まで迫りますが、ゴール直前でターンオーバー。

蹴りだされ、0-26と大きくリードを取られたまま前半を折り返します。

 

 

後半5分には、天理大学の攻撃を止められず大外の空いたスペースに攻め入られトライを許します。0-33

 

後半8分、15桑山(4)が大きくゲイン、バックスの素早い攻撃でゴール前へと入り込みます。

 

 

最後は9人羅(4)から6中尾(4)とつなぎ、この試合最初のトライを決めます。

 

 

15桑山(4)のゴールKも決まり、7-33となります。

 

流れに乗りたい同志社でしたが、後半20分、24分にはまたも天理大学にトライを許し大きくリードを離され7-47となります。

 

後半33分、14山口楓(3)がハイパントキックのボールにプレッシャーをかけ天理大の反則を誘うと、敵陣でのラインアウトを獲得。フェーズを重ねながら攻撃を続け、最後は21木下(4)から6中尾(4)につなぎ、17ファイアラガ(4)がトライ。

 

 

 

ゴールKを10田村(3)が成功させ、14-47とします。

 

後半37分、天理ボールラインアウトからモールを形成されます。モールからボールが出ると攻撃を止めきれずトライを許します。14-54

 

何とか、食らいつきたい同志社は後半43分、ゴール前ラックより18栗原(4)が飛び込みトライ。

 

 

ゴールKを10田村(3)が成功させたところでノーサイド。

 

 

最終スコア19-54で試合終了となりました。

 

 

関西優勝を目指し、チーム一丸となり戦いましたが関西2位という悔しい結果となりました。

 

しかし、大学選手権に向けて更に良い準備をし、110代目らしく前を向いて戦い続けます。

 

次戦は、12月13日(日) vs関東対抗戦Aグループ4位 となります。

 

チーム一丸となって勝利を掴み取りに行きますので、皆様ご声援の程、宜しくお願い致します。

 

写真提供:同志社スポーツアトム編集局

 

ブログ一覧に戻る