BLOGブログ

ARCHIVEアーカイブ

過去のブログはこちら

2020/11/25

vs京都産業大学

11月21日(土)、2020ムロオ関西大学ラグビーAリーグ第3節となる京都産業大学戦が布引グリーンスタジアムにて行われました。

 

選手権出場を決める重要なこの試合は、13時にキックオフしました。

 

先制点のチャンスを掴んだのは同志社でした。

 

 

相手のペナルティーから、ペナルティーゴールを選択。

 

 

 

しかし、激しい逆風に流され、外れてしまいます。

 

最初にトライを決めたのは、京都産業大学でした。ラインアウトモールからトライを許し、0-7とします。

 

しかし前半12分、ゴール前ラインアウトから9人羅(4)から10田村(3)と繋ぎ、トライを決めます。

 

15桑山(3)のゴールキックも決まり、7-7と追いつきます。

 

 

前半15分、またも京都産業大学にトライを奪われ、7-12と再びリードを許します。

 

 

前半19分、11和田(3)が自陣ラインアウトからボールを受け取ると快走を見せ、トライ。

 

14-12とします。

 

 

 

 

このトライで同志社が勢いづきます。

前半26分、10岡野(1)のパスを11和田(3)キックし、大きくゲイン。

 

 

 

サポートに入った9人羅(4)から20木原(3)、14山口楓(3)と展開し、最後は15桑山(4)がトライ。

 

 

ゴールキックも成功させ21-12とリードを広げます。

 

 

まだまだ同志社大学のアタックは止まりません。

 

 

前半35分、敵陣ラインアウトから9人羅(4)、13稲吉(3)、10田村(3)と展開し、内に走り込んできた11和田(3)にパスしそのまま中央へトライ。 

 

 

 

ゴールキックを成功させ、28-12とリードを保ったまま前半を折り返します。

 

 

 

後半も同志社の流れは止まりません。

後半5分、9人羅(4)からパスを受け、20木原(3)のトライ。

 

 

ゴールキックを成功させ、35-12となります。

 

 

その後は、一進一退の攻防が続きました。

 

 

しかし、前に出るディフェンスで相手にトライを取らせません。

 

 

ペナルティーからピンチとなりましたが、20木原(3)が相手のキックをチャージすると、

 

13稲吉(3)がパスを受け、後半31分にトライ。 

 

 

42-12と点差を広げていきます。

 

 

続けて、後半34分には22西村海(2)が相手ラックを崩し、苦し紛れに出した相手のパスを14山口楓(3)がインターセプト、そのまま独走しトライを重ねます。

 

 

49-12と差を広げます。

 

 

後半43分、ゴール前でフェーズを重ねられ京都産業大学にトライを許してしまいます。 

 

最終スコア49-19でノーサイドとなりました。

 

 

Aリーグ第3節も見事勝利し、3連勝することができました。またこの試合によりEvenリーグ1位となり、全国選手権の出場を掴みました!

 

次戦、関西Aリーグ順位決定戦は、11月29日(日) vs天理大学戦です。

 

今後とも、同志社大学ラグビー部に熱い応援を宜しくお願い致します。

 

 

写真提供:同志社スポーツアトム編集局

ブログ一覧に戻る