BLOGブログ

ARCHIVEアーカイブ

過去のブログはこちら

2019/12/09

Member's Blog (3回生 同志社 真山文一)

いつも同志社大学ラグビー部を応援していただき、ありがとうございます。
 
3回生PRの真山文一です。
拙い文章ではありますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

よろしくお願いします

 

『最初の一歩』
ラグビーとの出会いの前にまずは私が小学校時代に送っていた生活をご紹介します。
月曜日空手、火曜日水泳、水曜日英会話、木曜日にサッカーをして土日に塾に行くという英才教育を受けさせておりました。しかし空手は毎回1回戦負け。カナヅチ。中学の時点で英語赤点。リフティング5回。驚くほど一切何も身につきませんでした。今自分でブログを書いてて改めて驚いています。あの日々は一体なんだったのでしょうか。
たった1つだけなんとかして結果を出せたのが中学受験で、私はなんとか同志社中学に入学することができました。
その時に私は決意したのでした。「中学ではこんなヘタレでも試合に出れそうな部活に入ろう!」と。
様々な部活見学、周りへの聞き取り調査の結果
「選ばれたのはラグビーでした」
運動部の中で1番試合に出れる人数が多く、入部希望者も少ない。そんな不純な理由で私はラグビーを選びました。想像通り部員は少なく、想像以上にラグビーは楽しく私はラグビーのトリコになりました。

写真は中学2年生の頃の私です。今の私の姿では想像できませんが、当時はSOやFBとしてプレーしていました。コンバージョンキックなども蹴っていました。
当時の彼に「君は将来同志社大学でPRでスクラムばっかり組んでるよ」と言っても絶対に信じないでしょう。今でも君島良夫さんがキックコーチとして来られた時には間違ってBKの方に行ってしまいそうになります。危ない危ない。


『My Page』
私は夜景クラブという部活にも所属しております。部員は井本と斉藤(共に3回)の3人です。
活動内容といたしましては、原付でいける範囲の夜景を見に行くというものです。
カップルがいたりするとゴツい男3人で夜景スポットにいることにとても虚しく思えたりしますが、夜景を見ながら語る熱い話をするのが僕はとても好きです。
あと井本を彼女と見立てて彼女と来た時の想像をしたりもします(泣)

(寮の近くにある万灯呂山展望台の写真です。道は細いですが原付で頂上まで行けるのでオススメです)

帰り際に毎回のように次は彼女と来ようと話すのですが、あれ以来誰も立ち寄った形跡がありません。悲しいです。
夜景を見ると心が洗われ、つい語りたい気持ちになるので、虚しくなったり恥ずかしくなったりしない人や彼女がいる人にはとてもオススメです。


『今後の目標』
私は中学1年生でラグビーを始めてからずっと同志社大学ラグビーに憧れてきました。今このチームでラグビーをすることができて本当に幸せです。
特に今年はキャプテン中心にみんながまとまって本当に家族のような良いチームになってきていると思います。
Aチームで試合に出て、小中高生が同志社の試合を見た時に「同志社でラグビーがしたい」と思ってくれるような熱い試合をして日本一になることが私の目標です。そのために常に今出来ることに全力でGO!GO!GO!し続けたい思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。
今後とも同志社大学ラグビー部を宜しくお願い致します。

ブログ一覧に戻る